イームズ アルミナムチェアの特集ページ│デザイナーズ家具の卸直送。法人様・店舗・民泊 向けの家具を多数取り扱い。

アルミナムチェアの在庫一覧

イームズのアルミナムチェア特集

当店の業者様・法人様向け4つのサービス

アルミナムチェアはオフィスチェアの原点とも言える、機能性とデザイン性を兼ね備えた椅子です。
1958年にイームズによって発表されて以来世界中のオフィスで愛用されてきました。
チャールズ & レイ・イームズは、利便性、生産性、美しさを兼ね備えた椅子を生み出した近代家具デザインの巨匠です。
イームズがデザイナーとして活動を始めたのは1930年代後半、いわゆるミッドセンチュリーと呼ばれたその時代に次々と画期的な椅子を発表しました。

当店の業者様・法人様向け4つのサービス

1. 即納(翌営業日出荷)に対応します!

会議室・ミーティングルームに採用されることが多いアルミナムチェア。
国内倉庫へのストックを強化しております。

※日々在庫が動きますので、即出荷可能な在庫がない場合もございますので、正確な納期は事前にお問い合わせください。

050-3597-6573

即納(翌営業日出荷)に対応します

2. サンプルを郵送いたします

当店では、サンプルレザーの無料送付の他に、サンプルソファを郵送貸出ししております。 張地の質感や座り心地を確認していただけます。

インテリアデザイン会社様などはクライアントへのプレゼンにご活用ください。

3. エンドユーザーへ直送します

当店は、インテリア業者様・内装業者様へ多数納入しております。

エンドユーザーへ直送します

4. 大量注文に対応

大型商業施設や大規模なオフィスにも対応いたします。

当店は海外の提携工場を厳選し、定期的にコンテナ単位での仕入れを行っております。
20本以上のロットの場合3ヶ月ほどお時間をいただいております。

20本以上のロットの場合、受注生産となり別途見積もり致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

大量注文に対応

当店のアルミナムチェアの特徴

オリジナルデザインに実用性をプラスしたオフィス仕様のアルミナムチェア

アルミナムチェアの特徴

01. 前面本革張り

01. 前面本革張り

プレスライン仕上げで正規品により近いハイクオリティなアルミナムチェア。
前面の座面と背もたれに牛革を使用。 合皮と比べると通気性があり、手触りも滑らかで快適な座り心地です。

02. 「口の字型」アーム

02. 「口の字型」アーム

アーム部は、アルミ製で「ロの字型」をしています。廉価版はスチール製で2辺だけになっています。 当店のアルミナムチェアはアームの取り付けもしっかりしておりデザインもオリジナルを忠実に再現しています。

03. アルミ製の脚部

03. アルミ製の脚部

スチールの筒や樹脂を使っているものもありますが、当店の商品はアルミダイキャストを使用しております。

04. 昇降機能とリクライニング機能

04. 昇降機能とリクライニング機能

右側のレバーでリクライニングのロックと解除ができます。左側のレバーで高さ調節ができます。

リクライニング機能

リクライニングがロックされた状態。

リクライニングがロックされた状態。

レバーを解除し後ろに体重をかけた状態。

レバーを解除し後ろに体重をかけた状態。

昇降機能

レバーを上にあげると高さ調節ができます。

レバーを上にあげると高さ調節ができます。

一番人気 正規品により近いアルミナムチェア

商品

価格(税込)

アルミナムチェア ローバック

ローバック/ソフトパッド

  • 幅58cm×奥行60cm×高さ78cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

88,000円

アルミナムチェア ハイバック

ハイバック/フラッドパッド

  • 幅58cm×奥行61cm×高さ97cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

102,000円

Re:protechブランド

定番のブラックレザーのアルミナムチェア

商品

価格(税込)

アルミナムチェア ローバック 黒

ローバック/フラッドパッド

  • W59xD60xH86-94cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

49,800円

アルミナムチェア ハイバック 黒

ハイバック/フラッドパッド

  • W59xD63xH104-112cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

51,000円

アルミナムチェア ローソフト 黒

ローバック/ソフトパッド

  • W59xD62xH88-96cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

53,800円

アルミナムチェア ハイソフト 黒

ハイバック/ソフトパッド

  • W59xD65xH106-114cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

57,800円

女性に人気!清潔感と華やかさのホワイトレザー

商品

価格(税込)

アルミナムチェア イームズ 白

ローバック/フラッドパッド

  • W59xD60xH86-94
  • シート:前面/牛革、背面/PU

49,800円

アルミナムチェア イームズ ハイフラッド 白

ハイバック/フラッドパッド

  • W59xD63xH104-112cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

51,000円

アルミナムチェア 白 イームズ クッション

ローバック/ソフトパッド

  • W59xD62xH88-96cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

53,800円

アルミナムチェア ハイソフトパッド ホワイト

ハイバック/ソフトパッド

  • W59xD65xH106-114cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

57,800円

上品で落ち着きのあるモカベージュ

商品

価格(税込)

アルミナムチェア イームズ キャメル

ローバック/フラッドパッド

  • W59xD60xH86-94
  • シート:前面/牛革、背面/PU

49,800円

アルミナムチェア イームズ ハイフラッド キャメル

ハイバック/フラッドパッド

  • W59xD63xH104-112cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

51,000円

アルミナムチェア イームズ キャメルクッション

ローバック/ソフトパッド

  • W59xD62xH88-96cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

53,800円

アルミナムチェア ブラウン イームズ

ハイバック/ソフトパッド

  • W59xD65xH106-114cm
  • シート:前面/牛革、背面/PU

57,800円

イームズ/eamesのリプロダクト家具

eames1

DSR

1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つ。

eames2

DSW

1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つ。

eames3

DAR

1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つ。

eames4

DAW

1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つ。

eames5

RAR

1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つ。

eames6

ラウンジチェア

イームズの友人であった映画監督ビリー・ワイルダーがアカデミーショーの監督賞を受賞した際にプレゼントした椅子。ミッドセンチュリーの枠にとらわれず北欧テイストや和モダン、ナチュラルといったさまざまなスタイルと融合できるところが人気の秘密です。

eames7

エリプティカルテーブル

別名「サーフボードテーブル」十分な長さを備えた、存在感あるテーブル。

eames08

オーガニックチェア

1940年に開催されたMOMAの”近代家具のオーガニックデザインコンペ”にて1位を受賞。イームズ&エーロ・サーリネンとの合作。

チャールズ&レイ・イームズ

チャールズ&レイ・イームズ

利便性、生産性、美しさを兼ね備えた椅子を生み出した近代家具デザインの巨匠。
イームズがデザイナーとして活動を始めたのは1930年代後半、いわゆるミッドセンチュリーと呼ばれたその時代に次々と画期的な椅子を発表した。
新しい素材や加工技術のめまぐるしい開発があった時代でもありイームズはそれらを上手くデザインに取り入れていった。
また「ニーズを認識することが、デザインの前提条件である。」と掲げたイームズは美しさと同様、機能性、実用性についての工夫も素晴らしかった。
チャールズ・イームズはアメリカ・セントルイス生まれ。ワシントン大学で建築を学んだのちに、建築事務所を開設。1938年、クランブルック美術アカデミー校長のエリエル・サーリネンからアカデミー研究員として招かれ、翌年にはインダストリアルデザイン科教授となる。
40年〜41年、ニューヨーク近代美術館(MOMA)主催のコンペティション・展覧会「オーガニック・デザイン・イン・ホーム・ファニシング」(家具の有機的なデザイン)にエーロ・サーリネンと共同出品。「成型合板による3次元的アームチェア」が1等を受賞した。成型合板で一体型シェルタイプのアームチェアを作るという発送から生まれたいすだったが、まだ技術的に完全には実現できなかった。しかし、この取り組みが後に手がけていく椅子のデザインへと繋がっていきます。
41年に、妻キャサリンと離婚し、レイ・カイザー(Ray Kaiser)と再婚。ロサンゼルスへと転居する。レイや協力者のハリー・ベルトイアらと成型合板の研究開発を進める。戦時中は、成型合板の技術を生かして骨折者の足のラインに合わせた医療用添え木(レッグスプリント)を開発し、海軍から大量注文を受けた。戦後は、成型合板、スチール、FRPなどを用いた椅子を次々に発表。ハーマン・ミラー社から発売されその実用性と美しさ・シンプルさと軽やかさ、そして量産できてコストダウンできることから大ヒットとなり椅子のデザイン・実用性・価格に大きな革命を起こしました。